情報処理安全確保支援士

ホーム会社情報取得資格 › 情報処理安全確保支援士

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)とは

近年、サイバー攻撃の増加・高度化に加え、社会のIT依存度が上がり、サイバーセキュリティ対策の重要性が社会的に高まる中で、サイバーセキュリティ対策を強い倫理観のもと推進できる人材の必要性が高まってきました。

そこで、2016年10月に「情報処理の促進に関する法律」が改正され、サイバーセキュリティに関する専門的な知識・技能を持つスペシャリストを認定する国家資格、情報処理安全確保支援士制度が開始されました。

「情報処理安全確保支援士制度の全体像」(経済産業省)(https://www.meti.go.jp/press/2016/10/20161021002/20161021002-1.pdf)を加工して作成

情報処理安全確保支援士の登録情報は第三者に公開されており、情報処理安全確保支援士検索サービス(https://riss.ipa.go.jp/)で検索することが可能です。

当社の取組

当社は、セキュリティ面でお客様により一層ご安心頂けるシステムやサービスを提供するため、情報処理安全確保支援士の資格取得を推進しており、資格登録申請や講習受講にかかる費用を会社負担としています。
現在、当社には、以下の情報処理安全確保支援士が在籍しています。
 ・登録番号:018001
 ・登録番号:018974