システム開発・運用、ネットワーク構築は、香川の四国電子計算センター

HOME > 採用情報 > 若手先輩社員の声
採用情報

若手先輩社員の声

 
SCCを選んだ理由
 
 (平成21年入社 システム部所属男性社員)
   私は学生時代から、システムエンジニアになりたいと思っていました。
   地元の会社に勤めたいという思いもあり、企業を調べたところ地方公共団体や
   民間企業に対してシステムを提供し、地域発展に貢献しているSCCを知りました。
   会社説明会などを通し、事業内容や企業方針に共感し、この会社で頑張りたいと
   思ったためです。
 
 (平成21年入社 システム部所属男性社員)
   学生時代に学んだコンピュータの知識を活かし、地元で働ける企業だと考え
   SCCを志望しました。
 
 (平成21年入社 システム部所属女性社員)
   地元香川県に密着した企業に就職したいという希望があったため、
   高松に本社のある当社を選びました。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   私は就活をするにあたり、システムインテグレーションを行っている企業に就職したい
   という思いが強くありました。また、自分が生まれ育った香川に貢献できるような
   『地域密着型』の企業を求め就職先を探していた所、SCCという企業を見つけました。
   SCCの企業説明会等で話を聞く度に、この会社に魅力を感じ、香川の為にこの会社で
   頑張ってみたいと感じました。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   私は、「香川県」、「システムエンジニア」という2つのキーワードで就職活動を始めました。
   そこでSCCのホームページを発見し、香川県に本社があり、地域密着型というところに
   魅かれて調べる内に公共のシステム開発にも携わっているので、自分の興味があることと
   合致したのでSCCを志望しました。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   私は地元香川県のネットワークインフラに携わりたいという想いをもって就職活動を
   行っておりました。
   その中で、SCCは県内の自治体や民間企業を多く扱っており、「地域密着」という
   企業方針の実践と実績を強く感じました。
   また説明会や面接にて、SCCが強い信念に支えられた会社であると感じたことが、
   最後の決め手となりました。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   大手企業にはない実力本位で自分の活躍の場が作れそうだったのと、 
   会社の「地域密着」というところの魅力を感じました。
 
 (平成22年入社 システム部所属女性社員)
   SCCの会社説明会で、事業内容や雇用についての考え方を聞き、この会社で
   働きたいと思いました。
 
 (平成22年入社 システム部所属女性社員)
   学生時代、システム開発について学んでいたので、それを生かせる仕事に就きたいと
   考えていました。また、地元である香川に貢献したいと言う思いもあったので、
   香川を中心に事業展開をしているSCCを選びました。
  
 
現在の仕事のやりがい・今後の仕事への意気込み
 
 (平成21年入社 システム部所属男性社員)
   私は現在、公共事業グループに所属しています。
   人と関わる仕事なので、プログラムの知識だけでなく業務に関する様々な知識が
   必要であることを実感しています。
   常に新しい技術、情報を取り込み仕事に活かすことが大切な職業であるため、
   学ぶことが多い充実した日々を送れています。
 
 (平成21年入社 システム部所属男性社員)
   システム開発にはプログラミングスキルのみならず、サーバやDBなど様々な知識も
   必要となり、それらを習得するのは大変です。
   ですがその分システムが無事に稼働した時の達成感が大きいです。 
 
 (平成21年入社 システム部所属女性社員)
   プログラムを組む技術や、お客様とのコミュニケーション能力の成長などが問われてきて
   大変だと感じることもあります。
   しかし、毎日の業務に変化があり充実していると思います。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   プロジェクトに加わり、先輩社員の方にご教示頂きながら開発を進めていく毎に、
   プログラムに関する知識や、プロジェクト管理の大切さを身近に感じることができ、
   日々自分が成長していることを感じています。
   今後の糧となるように、更に自分の知識を日々、研鑽していきたいと思います。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   1年目から1年がかりの基幹系業務プロジェクトの一員となってお客様との打ち合わせや
   パッケージのカスタマイズをしています。
   上司や先輩方の行動を見て、システムエンジニアとしてプログラミング技術でなく、
   お客様とのコミュニケーションが一番大事ということを勉強させていただきました。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   私は一年目、大きなプロジェクトの一員としてその一端を担いました。
   その時、プロジェクトに対して自分の力不足を感じましたが、同時にプロジェクトを
   効率よく運用する上司・先輩方の広い視野に強く感動したことを覚えています。
   SCCには幅広い知識と経験に裏打ちされた実力派な上司・先輩方が多いため、
   その姿勢から学ぶことが多く、毎日が刺激に溢れています。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   お客様に納品したプログラムを使用していただいたときのお客様の喜んだ顔が見れることと、
   その笑顔がお客様、当社の業績に貢献できることです。
   また、学生時代に学んだことを仕事の中で少しでも生かせていることです。
 
 (平成22年入社 システム部所属女性社員)
   プログラムを書いて、少しずつシステムが出来あがって行くのをみると、
   とてもやりがいを感じます。
   分からないことばかりですが、もっと勉強してたくさんの知識を身につけたいです。
 
 (平成22年入社 システム部所属女性社員)
   まだまだ分からない事の方が多いですが、問題にぶつかった時、その事について調べたり、
   色々な方法を試たりして完成した時の達成感が現在の仕事のやりがいになっています。
 
 
SCCのここが魅力
 
 (平成21年入社 システム部所属男性社員)
   現状の運用に囚われず、その時々に合わせてより良い手段を取り入れ、実用するところです。
 
 (平成21年入社 システム部所属男性社員)
   社員全員が有休の完全消化を目標としていることや、休日出勤した際の代休取得など
   社員が働きやすい社風になっていると思います。
 
 (平成21年入社 システム部所属女性社員)
   SCCは県内の企業や自治体のシステムを扱っているため、香川の役に立てていると
   実感できる事です。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   地域に根付いたシステム開発を行っているので、
   香川のために何か恩返しをしていきたいと思っている人には最適な会社だと思います。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   個性豊かな社員ばかりで、わからないところは丁寧に説明してもらえるので
   仕事をするにはいい環境です。
   社長とも距離が近く社長の考えていることが末端の社員に直接伝わります。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   社内の雰囲気というものは会社に入ってみなければはっきり感じ取ることができないと思います。
   この点について、SCCはとても風通しがよく、明るい場所と言えます。
   社長を中心として人と人の距離が近く、挨拶等明るい声が溢れています。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   会社TOPとも気さくに話しができ、方向性が明確になることや、
   社内の明るい雰囲気の中で仕事ができることです。
 
 (平成22年入社 システム部所属女性社員)
   社長がすぐ近くにいることです。
 
 (平成22年入社 システム部所属女性社員)
   自分の考えを発言しやすい社風です。
   先輩方もそれを聞いて、適切なアドバイスをしてくれます。
   そのことによって自分をどんどん成長させていけるので、
   とてもやりがいを感じることができると思います。
 
 
会社への提案
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   もう少し、他の事業グループとコミュニケーションが取りやすい社内環境にして欲しいです。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   非喫煙者が休憩できるようなスペースを作ってみてはどうでしょうか。
 
 (平成22年入社 システム部所属男性社員)
   この一年を通し、教育体制の強化を行って欲しいと感じました。
   今後入社してくる新入社員に対し、誰が、どのように育てていくか、また育って欲しいか
   意思の統一・疎通を行うことで早期に、強いグループ意識を持つことが出来ると思います。
 
 (平成22年入社 システム部所属女性社員)
   お盆休みがほしいです。
 
 
 

ページ先頭へ
Copyright (C) Shikoku Computer Center Co., Ltd All rights reserved.
大 中 小