集落排水料金システム

ホームソリューション › 集落排水料金システム

使用人数調査から分担金および施設使用料の請求、
収納、滞納管理までを総合的に管理する自治体様
向け集落排水料金管理システムです。

システムの特徴

1. 台帳管理を基本にしたシステム運用

  • 全ての処理は、処理対象者または対象物件の台帳画面を開くことから始まるため、住民等からの問い合わせにもスムーズに対応でき、住民サービスの向上につながります。

2. 様々な料金計算に対応

  • 使用人数から使用料を求める世帯割と、水道使用水量から算出する方法の両方に対応しています。
  • 使用人数からの料金計算は、世帯や人数の範囲等の組み合わせにより施設使用料を算出します。
  • 料金体系は事業及び用途ごとに管理していますが、特定集排のみ別の料金体系の設定ができます。
  • 料金単価は小数点(銭)の管理まで行います。

3. 年次調定/月次調定に対応

  • 「年次調定」は、使用人数調査により1年間の使用料を決定し、12ヶ月分の納付書を一括で送付します。
  • 「月次調定」では、毎月施設使用料を決定し、毎月納付書を送付します。

4. 豊富な収納方法を用意

  • 口座振替、郵便局、コンビニ収納にも対応しています。
  • 郵送帳票は全てカスタマーバーコードが印刷されます。

5. 豊富なオプション機能

  • 外部認証機能、上水道料金連携、住民記録連携、財務会計連携など、システム導入後のオプション機能追加も可能です。

主な画面サンプル

集落排水照会画面

拡大する

宛名異動画面

拡大する

人数変更画面

拡大する

滞納管理画面

拡大する

機能一覧

窓口機能

  • 集落排水情報照会
  • 集落排水異動
  • 宛名異動
  • 請求収納異動

調定機能

  • 分担金管理
  • 使用料計算
  • 口座振替FD作成
  • 納付書等印刷

収納・調定機能

  • OCR、バーコード消し込み
  • 口座振替FD消し込み
  • 督促、催告管理
  • 折衝記録/分納誓約管理
  • 不納欠損処理

各種オプション機能(選択オプション)

  • 外部認証
    物理認証(ICカード等)や生体認証(指静脈等)によるシステムログイン機能
  • 住民記録データ連携
    住民記録システムから世帯情報を受け取り、集落排水システムへ取り込みます。
  • 上水道データ連携
    上水道料金システムから使用水量を受け取り、集落排水システムへ取り込みます。
  • 財務会計データ連携
    集落排水システムから会計情報を作成し、財務会計システムへ送ります。

主な帳票一覧

  • 請求収納状況表
  • 未納のお知らせ
  • 支払証明書
  • 使用料変更通知書
  • 納付書
  • 滞納整理台帳
  • 調定表
  • 料金更正一覧表
  • 催告書
  • 口座振替通知書
  • 口座振替送付一覧表
  • 口座振替不能者用納付書
  • 口座再振替通知書
  • 口座振替納入済通知書
  • 収納日報
  • 収納明細表
  • 督促状
  • 未納者一覧表
  • 還付対象者一覧表
  • 還付明細書
  • 不納欠損対象者リスト
  • 不納欠損処分調書
  • 異動チェックリスト
  • 集落排水台帳
  • 分担金納付書

その他の基本機能

1充実の初期メニュー

マイメニュー、帳票再印刷、オンラインヘルプ、汎用CSV出力などの機能を提供します。

2マルチウィンドウ機能

1台のクライアントで最大5種類の処理が同時に実行できます。

3バッチ処理機能

バッチ処理を予約実行できます。過去に実施した処理の条件や実行結果も確認できます。

4出力スプール

印刷帳票やCSVファイルを、設定された期間保存することができます。

5操作ログ取得機能

システムを起動してから終了するまでの操作ログを記録します。

基本動作環境

システム構成例

サーバ要件

  • CPU:2.0GHz Intel Xeon 以上
  • メモリ:4GB 以上
  • HDD:300GB 以上
  • OS:Windows Server 2008 R2 以上
  • データベース:SQL Server 2012 以上

クライアント要件

  • CPU:2.0GHz Intel Celeron 以上推奨
  • メモリ:2GB 以上推奨
  • HDD:空き容量が500MB 以上
  • OS:Windows 7 以上
  • その他:Excel 2010 以上
 ※Hyper-V・vSphereなどの仮想イメージを用いた導入にも対応しております。
 ※サーバを設置しないスタンドアローン運用も可能です。
 ※大規模構成の場合、Webサーバを複数台設置することで負荷分散が可能です。