幼保庶務事務システム

ホームソリューション › 幼保庶務事務システム

幼稚園、保育所、認定こども園で利用されている
事務書類を総合的に作成・管理する自治体様向け
幼保庶務事務システムです。

システムの特徴

1. 事務書類の管理を総合的にサポート

  • 幼稚園、保育所、認定こども園の運営に係る一連の事務書類を、総合的にサポートします。

2. エクセル、ワードを基本にしたシステム運用

  • 使い慣れたエクセルやワードを利用して資料作成を行います。
  • Officeアドイン機能の実装により、資料入力時の手間を軽減します。

3. 各種情報の一元的管理

  • 児童に関する出席情報や健康診断結果などの情報を一元的に管理することで、資料毎に重複して入力していた内容を効率的に管理します。
  • 作成した資料はデータベースで管理され、資料検索や回覧、決裁などが容易に行えます。
  • 住民記録情報や子育て支援情報などと連携し、必要な情報の管理を容易に行うことができます。

4. 豊富な帳票

  • 施設運営に関わる記録、保育の実践上の記録などの事務書類を豊富に準備しています。
  • 雛形レイアウトを書式登録することで、自由に資料の追加が行えます。

主な画面サンプル

児童情報画面

拡大する

行事予定画面

拡大する

欠席入力画面

拡大する

資料作成画面

拡大する

機能一覧

施設・クラス編成情報管理

  • 施設情報管理
  • クラス編成情報管理
  • 職員構成情報管理

児童・保護者情報管理

  • 児童・保護者情報管理
  • 児童状況調査票管理
  • アレルギー情報管理
  • 出欠情報管理
  • 児童関連資料情報管理
  • 健康診断情報管理
  • 預かり保育情報管理

行事予定管理

  • 行事予定管理
  • 事務日誌管理
  • 休園情報管理

資料管理

  • 保護者(児童)向けの資料
  • ドキュメント作成エンジン
  • 関係機関向けの資料
  • Officeアドイン機能
  • 内部資料・職員資料
  • ドキュメント分析エンジン

他システム連携

  • 住民記録データ連携
    住民記録システムから氏名、住所等の宛名情報を受け取り、システムへ取り込みます。
  • 子ども子育て支援データ連携
    子ども子育て支援システムから施設利用、認定区分、保護者情報を受け取り、システムへ取り込みます。
  • 給食献立データ連携
    栄養管理システムから給食献立情報を受け取り、システムへ取り込みます。
  • 学籍学齢簿データ連携
    学籍学齢簿システムから進学先情報を受け取り、システムへ取り込みます。

主な帳票一覧

  • 年間予定表
  • 月間予定表
  • 事務日誌
  • 職務体系予定表
  • 指導要録(学籍)
  • 指導要録(指導)
  • 健康診断表
  • 児童調査票
  • 年間指導計画
  • 個別指導計画・経過記録
  • 乳児日誌
  • 保育日誌
  • 家庭訪問記録簿
    及び個人懇談記録簿
  • 出席簿
  • 出席状況報告書
  • 園児名簿
  • 名前シール
  • 職員配置調査表
  • 職員調査票
  • 修了台帳
  • 金銭出納簿
  • 各種届出書
  • 治癒証明書

その他の基本機能

1充実の初期メニュー

マイメニュー、帳票再印刷、オンラインヘルプ、汎用CSV出力などの機能を提供します。

2マルチウィンドウ機能

1台のクライアントで最大5種類の処理が同時に実行できます。

3バッチ処理機能

バッチ処理を予約実行できます。過去に実施した処理の条件や実行結果も確認できます。

4出力スプール

印刷帳票やExcelファイルを、設定された期間保存することができます。

5操作ログ取得機能

システムを起動してから終了するまでの操作ログを記録します。

基本動作環境

システム構成例

サーバ要件

  • CPU:2.0GHz Intel Xeon 以上
  • メモリ:4GB 以上
  • HDD:300GB 以上
  • OS:Windows Server 2008 R2 以上
  • データベース:SQL Server 2012 以上

クライアント要件

  • CPU:2.0GHz Intel Celeron 以上推奨
  • メモリ:2GB 以上推奨
  • HDD:空き容量が500MB 以上
  • OS:Windows 7 以上
  • ブラウザ:Internet Explorer11 以上
  • その他:Excel 2010 以上
 ※Hyper-V・vSphereなどの仮想イメージを用いた導入にも対応しております。
 ※サーバを設置しないスタンドアローン運用も可能です。